スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

今月は自分が2機、減りました

私の2009年9月はどうかしている。

大体、まず、骨がいきなり半分に折れた。
その後、体調が限界まで崩れた。
その最中、新しい仕事が始まった。
毎日泣いて過ごした。
風邪なのに雨に打たれた。
シルバーウィークで病院が閉まってしまうせいでギプスの巻き替えが10日間も出来ない。
恋人とくだらない理由で別れる寸前まで喧嘩した。
胃は傷み、肌は荒れた。
肌荒れをごまかすために化粧をしようとすると、チューブから飛び散るBBクリーム。
上手くつかないつけまつげ。
BBクリームまみれの枕を濡らしてまた泣いた。

随分強く逞しく育った気でいた私だが、ここ二週間の諸々を受け、久しぶりに「強く生きなくては、成長しなくては」と思った。
何事にも負けぬ強くしなやかな心身を持った人間は男女関わらず美しいものだと思う。
私のような若輩者は生涯かけても美しくあることが出来るかどうかはわからないけれど、少なくとも自分の人生に起こりうる事態に関しては全て受け流していく位の逞しさは持っていたいと思うのだ。
そんな中、昔のRPGゲーム「ファイナルファンタジー?」の画面を眺めていたら、リリスという敵キャラクターが出てきた。

Lilith.gif

↑彼女がリリスである。

彼女は主人公達の前に立ちはだかり、主人公のキャラクターに「平手打ち」攻撃をしかけてきた。
すると、主人公はいくらかのダメージを受け、なんと状態が「どく」になったのだ。

これだ!

私は確信した。
恐らくこれが私の目指さねばならないところ。
将来、どういう女性になりたいか。
例えば男性から愛されている、お金に恵まれている、可愛い洋服を着ている、であるとか、バリバリのキャリアウーマンであるとか、有名人であるとか、そんなことよりも「平手打ちで相手を毒状態に陥らせることが出来る女」の方がずっといい。
説得力が違う。人間としての凄み、深みが違う。
今までは「目で人を殺せる」人間が最強かなあと思っていたけれど、平手打ちしたら相手が毒を喰らうって、多分、そんな女には誰も勝てない。
上手くは言えないが、平手打ちで毒を喰らわせるって、女性らしい強さの極みであると思う。
24歳、秋。私の目指す所は決まった。

リリスさん(さん付け)、最悪な9月に出会った貴女のことは生涯忘れません!追いかけてゆきます!
そう思ってもう一回戦闘画面を見たら主人公がリリスさんから平手打ちをされて、状態が「弱体化」になっていた。

もうダメだ。凄すぎる。今の私では何も敵う気がしない。
リリスさんになら男取られても絶対文句言わないわ・・・
2009-09-23 : 日記 :
« next  ホーム  prev »

説明

20代の女が書いているブログです。

メール:kikuchiyouko(a)gmail.com
skypeID:kikuchiyouko_
(本当は、キクチじゃない。)

ログ・記事検索

07 ≪│2017/08│≫ 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

yk000003 < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。