スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

7月23日、視力回復手術レーシックを受けました

先日、巷で噂のレーシックを受け、裸眼視力が0.04から1.5にまで回復しました。
手術の痛みは個人差があるらしく、全く痛みを感じない人もいるらしいのですが、私は術中の麻酔もあまり効かず、角膜にレーザーで切り込みを入れてフラップという膜を作る作業中に絶叫、フラップをめくる作業中に絶叫、消毒水を流されて絶叫、更に術後も相当の痛みを覚え涙も全く止まらない、もう私一人で歩けない、麻酔が切れてきたら更に痛くてクリニックの前の道で失禁するかと思った、と言ったタイプでして(多分カルマの関係)、ここまで身体のどこかが痛いのは生まれて初めてで、その日は外気温が35度を越す猛暑日だったにも関わらず手術が終わってから二時間ほど常に寒気を感じるレベルの痛みだったので、手術当日は携帯やパソコンは駄目だと言われていたけれど、思わず


【件名】

レーシック終わった

【本文】

目が痛い。痛みに強い私がこんなに痛がるだなんて、多分寿命が来たんだと思う。カンドリ(仮名)、今までありがとう、カンドリ(仮名)に出会って私は愛を知りました。悪いが、随分と先に逝くことになりそうです。思ったより早いけれど、それでは。短いなりに、我ながら感動に満ちた素晴らしい人生であったと思う。心残りは一つだけ、最期はカンドリ(仮名)に看取って欲しかった…


というメールを恋人に出すほどでした。


※カンドリという仮名は『勉強が出来なすぎて小学校の時漢字ドリルが埋まらなかった』という彼のエピソードに基づいた愛称です。



そしたら『死ぬナアアァァァ!』というメールと共にこの添付ファイルが送られてきました。

Image013.jpg

その時は目があまり開かない状態でしたが、なんていうかうっすら開けた目で見た写真に写るマンガのコマみたいなカンドリ(仮名)の顔がとても嬉しかったので、ある程度痛みが治まって、寝られる時間になってから(術後四時間は睡眠不可なのです)寝る時にはめるプラスチックの眼帯をはめた私の超かっこいい写真を本文なしで送っておきました。

080723_2253~02

めっちゃかっこいい!

-----

でも、ここまで痛くても、コンタクトやメガネが嫌いで、特に度の入ったメガネをかけた自分の顔を見る度心底落ち込んでいたので受けて良かったです!
術後の経過も良好だそうで。
常に周りがよく見えていて、なんだか変な感じです。
夜はちょっと光がまぶしく感じて見えづらいですが数ヶ月で治るらしいですから、それまで夜の運転は特に気をつけないといけませんね。

目も落ち着いてまともにパソコンに向かえるようになったので、これからしばらくの間、私のレーシック体験について日記に記して行こうと思います。
たまには誰かが参考に出来るような、そういう有益な情報をウェッブに発信したい。
それによってカルマを少しでも減らし、もうこんな痛い目に遭わないようにしたい。
世の中を形作っているものは、ぜんぶ螺旋だと思うのです。そういうことです。

2008-07-28 : 日記 :
« next  ホーム  prev »

説明

20代の女が書いているブログです。

メール:kikuchiyouko(a)gmail.com
skypeID:kikuchiyouko_
(本当は、キクチじゃない。)

ログ・記事検索

07 ≪│2017/08│≫ 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

yk000003 < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。