スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

アフター

自宅にインターネットが繋がりました。
インターネットにつながっていなくて、しばらくは趣味のブログを諦めていたら、意外と日記に書きたいことっていのが溜まっていかないもので、やっぱりなんにせよ重要なのは、「やりたい」って意識だな、なんて思います。
だから日記に書きたいことっていうのが随分前のことになってしまうんですけど一週間位前に彼氏とオナホールの是非について話してたんですよ。その時のことです。

私「オナホールの是非について話し合いたい」
彼「何故だ」
私「きみの部屋にソレ用のローションを見つけたんだ」
彼「そっとしておいて!あと、別に使ってもいいと思う!だからほんとそこはそっとしておいて!」
私「やだ!なんかやだ!他の穴に入れた棒を自分に入れられるなんて、やだ!」
彼「ヨウコ。」
私「なによ。」
彼「お前、オナホールに対してそんな意識を持つなんて…」
私「だって!お前は!私とは!違う穴に!」
彼「穴になり下がるなよ!!」
私「!!!!」
彼「単なる穴と同列に自分を並べるなよ!!」
私「!!!!」
彼「ヨウコ、いいか、お前は穴じゃない。」
私「うん。」
彼「考える穴だ。」
私「!!!!!!!!」

今考えたら激怒してもいいポイントだったと思う。


banner_22.gif
京都に引っ越しました?。
スポンサーサイト
2009-02-28 : 日記 :

よーし引っ越しだ!

逆チョコ欲しい、逆チョコ欲しい、と言い続けていたら彼がバレンタインにプレゼントを買って来てくれました。

彼「今日は、バレンタインだから、ハイ、これ」
私「何これ、もしかして…!」
彼「逆、逆のアレだよ逆の」
私「おお、これは…!(箱を開ける)」
彼「そう」
私「逆!」
彼「逆!」
私「チョk…まっ、まんじゅう…?」
彼「そう、逆マン!」
私「逆マン!!」
彼「実は、デパ地下のチョコレート売り場にまでは行ったんだけど、女の人ばっかりいっぱいいて、その全員が『モロゾフや?モロゾフや?(拝む)』みたいな感じで、さすがに買う勇気が出なくて…隣にあった饅頭屋で饅頭買って来ちゃった。」
私「そっかあ、ありがとう。いくら逆チョコ逆チョコって言ったってチョコ売り場に女の人はいなかったもんなあ。そりゃチョコレートは無理だよね。まんじゅう嬉しいよ。」
彼「あ、天津甘栗とも迷ったんだよねー。逆マンにしようか逆クリにしようかって。」
私「…」
彼「逆マンと逆クリをあげてもよかったんだけど、結局逆マンだけに落ち着いた」

19日に京都に引っ越すので、これが名古屋での最後の更新です。(そして、この全力の下ネタがしばらくトップに表示されている、そんな、ヒーラーのブログ)(超癒し系!)


banner_22.gif
しかも、引っ越しでバタついてて私からはあげてません。
2009-02-16 : 日記 :

全自動一人崩壊

ひさしぶりの一人暮らし、三日目。淋しいけれど、久しぶりの自由。
何をするにも自由だから、とりあえずご飯は好きなものを好きなだけ食べることにする!聞きたい音楽ばっかり流す!好きな時間に睡眠をとる!

と、はて、私の求めていることって何だろう、実は自分に今必要なことってなかなか自分でわかるもんじゃない。己を見つめることほど難しいことは、実はないのだよ。フラットな視点で今の自分を見つめることを、誰が簡単に出来るって言うんだ。皆そうだったら、世界には何も起こりはしない。世界は、存在しなくなる。フラット、0とはそういうことだ、ゼロとは神なのだ、ZEROだ、精神を研ぎ澄まし、神の視点で自分を見つめる。結果、私はキャベツ半玉を毟り食い、低血圧で朝に弱いのに朝の5時に起き、一人の部屋にはさっきから今まで聴こうとしたこともないGacktが何故か流れていて、余計己がわからなくなっている。神様ー。


banner_22.gif
↑ダメな生き物(人間ですらない)(上手く喋れないし歩けないから)の書くブログに清き一票をー。
2009-02-10 : 日記 :

同棲やめたらこんなにも「別れるのか」って聞かれるもんなのか。別れないよ。

彼の引っ越しを手伝ってトラックの荷台から荷物を運んでいるとき、オモチャのようなラッパの音が路地の向こうから聞こえてきた。
見ると、眼鏡をかけた中年の男が、50cm立方程の金属製の箱が三つ四つ入った小さなリヤカーを引きながらラッパを吹いている。
もしかして、豆腐屋だろうか。テレビなどで見聞きしたことはあるが、本物は生まれて初めて見た。
さすが、古都京都は風流であるなあと思いながらじっと見る。
しかし豆腐売りを実際に見たことがないのでそれが本当に豆腐売りなのか、もし声をかけでもしたら豆腐を売ってくれるのか、私も豆腐売りから豆腐を買うことができるのかわからない。
私の家はここからは少し離れているが、彼の家にはよく来ることになると思うので、その時には豆腐売りから豆腐を買ってみたい。
ラッパの音を聞きつけて、サンダルをつっかけて「2丁ください」と言ってみたい。
でも、この人が豆腐売りなのか、豆腐売りじゃないなら何をしているのか、聞きたいけれど信じられないほどの人見知りの私はじろじろと見つめるだけで一向に声がかけられない。
向こうも私をチラっと見て、また何事も無かったかのように表情もなくラッパを吹き出し、意外と商売気は無いようである。
商売気はない、ということは何かを売っている訳ではないのか?それともラッパ以外に何のマーケティングもなしに豆腐が自然と売れるほど豆腐売りがこのあたりに浸透しているということか。いや、ほんとは豆腐売りでもなんでもないラッパ吹きかもしれない。
考えているうちにラッパを吹く中年男の姿は見えなくなった。
家具を大方運び終えてトラックまで戻ってきた彼と彼の友人に、それって豆腐屋さんかなあと聞いてみたら、そうだよと答えが返ってきた。
じゃあ、もし今度見かけたら、今度こそ豆腐下さいと声をかけてみようか。
いや、でもほんとは豆腐を売っているんじゃないのかもしれない。人は意外と適当なことを言う。彼ら二人だってそうじゃないとは言えない。
豆腐下さいなんて言って、変な顔をされたらどうしよう、あとそもそも何してるんですか、なんて人に聞いたら失礼だと思われないだろうか。
そして考えは振り出しに戻り、おそらく私は一生この豆腐屋(のように見える人)に一切何の声もかけることができないんだと思う。


banner_22.gif
もし声をかけることができたらまずこのブログで報告します!
(下手したら結婚の報告より後です!)
2009-02-09 : 日記 :

好き:オカルト 嫌い:人付き合い

「ひとりかくれんぼ」ってご存知ですか。
ネットで流行りの降霊術(こっくりさんみたいなもの)らしいんですが、知人がそのことについて日記に書いていたのでmixiのひとりかくれんぼコミュニティにある掲示板の書き込みを読んでいたら、降霊術に対して徐霊の方法、安全を確保しておく方法なども色々と書き込まれていました。
ふーん、と思いながら読みすすめて行ったら「こんな徐霊の方法がありますよ!」って

『まず全裸になり、
自分の尻を両手でバンバン叩きながら白目をむき 、
「びっくりするほどユートピア!
びっくりするほどユートピア!」
これを10分程続けると妙な脱力感に襲われ、霊が逃げていく。』

急にこんな奇抜な方法が紹介されており、わたくしも、スピリチュアルな仕事に就く者としてこれを皆様に薦めておきたいと思います。
是非やって。
多分、霊以前に何もかもどうでもよくなって凄く清々しくなると思う。


banner_22.gif
↑でも、ひとりかくれんぼとか、降霊とか、そういう物騒な真似はわけもわからずにするもんじゃないですよ。
2009-02-03 : 日記 :

よーしそのままセックスすっか!って。なってませんよ。

最近、自分なりに癒しの方法を色々と研究していて、その一環として体操や簡単なマッサージ、ヨガなどをアレンジして自分や人にどんどん実践している。
今日はマッサージを試してみようと、恋人に実験体になってもらうことにした。
人から見聞きしたり、資料を見て研究したりして、自分なりの身体に対するアプローチを技術のない私がごくシンプルな形で結論づけたつもりだ。
あとは、練習と研究を繰り返す。人に施すのは少し緊張する。
それで、リラクゼーション効果を最大限に意識して、数分間マッサージをし、終わった後「どうだった?」と聞いてみたら

「凄くほぐれて、力が抜けたよ」
「ただ、半勃起した」
「なんかね、床にチンコがこすれてどうしても勃っちゃうんだよね」
「あとやたら腰や脚のあたりを触られると、どうしてもいやらしい気持ちになる」

えー、わたくし来春、京都に女性専用ヒーリングサロンをオープン致します。


banner_22.gif
↑女性専用の、いやらしい店です(違います)
2009-02-01 : 日記 :
ホーム

説明

20代の女が書いているブログです。

メール:kikuchiyouko(a)gmail.com
skypeID:kikuchiyouko_
(本当は、キクチじゃない。)

ログ・記事検索

01 ≪│2009/02│≫ 03
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Twitter

yk000003 < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。