スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

顔の話

皆さんが私の顔についてどうでもよく思っているのと同じように、私は私の顔についてどうでもよく思っています。
人生を変えるほどの美人でも醜女でもないのであれば、それはそこまで気にかける必要はない、と。

ですので以前にも言ったでしょうか、私は自分の目を小さいと思い込んでいたにも関わらず最近になって目がパッチリだと言われ、そのことに気づいたのです。
そして先日、「年上に見られるだろうけど顔自体は童顔」と言われました。
知りませんでした。
とりあえず、私は目がパッチリで童顔です。
こう聞くとモテそうでしょう。驚く程モテませんよ。

自分の目が小さかろうと大きかろうと、童顔だろうと老け顔だろうと、人生に影響は一切ないと思います。
自分の核となる部分はそこにないからです。
人と違うや優れている部分は私について言えば顔では有り得ないのです。
私がたとえ整形手術をしようとモテないものはモテないし、内向的な性格だし、相変わらず変態なのでしょう。

ですが、最近ダイエットに成功して胸(乳)の形がハッキリしてきて、
加えて愛の流刑地の寺島しのぶの胸(乳)が自分の胸(乳)に酷似していたことがあり、
自分の胸(乳)の小ぶり具合を生まれて初めて気にし始めました。

気にし始めたということは、ひょっとしたら私の胸(乳)は今後人生に大きな影響を及ぼしてくる部位かもしれません。
私には人生かけて達成したい目標があって、
それはわかりやすい表現をすると
「人を真の意味で救うことの出来るカウンセリングの実現」なのですが、
そこに私の胸(乳)がどう関わってくるのでしょうか。

カウンセラーと、胸(乳)。
どうしても「おっぱいセラピー」という単語が浮かびます。
イメクラのプレイか何かか。



続きを読む

スポンサーサイト
2007-03-28 : 日記 : コメント : 3 : トラックバック : 0 :

感謝している

最近は仕事のことでストレスが溜まって非常にげんなりしていたので、
気の知れた友人に電話し、
ひとしきり嘆き、
愚痴を言い、
最終的に
「うちのお母さん、小さい時カニ走りに異様にハマッた時期があって、住んでた商店街を端から端までカニ走りで走ったことがあるらしいよ」
という話題で15分間友人と共に爆笑の渦に飛び込み、
非常に癒されることが出来ました。

とてもいい友人を持ったことに心から感謝し、
(カニ走りをしていた)親の存在にも心から感謝しました。



続きを読む

2007-03-27 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ふと思い出した

タロットくらいしか本格的に学んでみようと思ったことはないので、そこまで占いに詳しくはないのですが、占いが好きです。
ですので自分が占う他たまに占って貰ったりもするのですが、どうやら私は占星学的に見て、素晴らしい人間のようです。
占いに行く度に凄い運勢だ、波乱万丈だけど将来が楽しみだ、アナタモテるでしょうなどと凄い勢いで褒めて頂いていて、もう若干それ目的で占って貰いに行くような部分もあるんじゃないかと自分でも思います。(波乱万丈なのは当たってますが、モテません)

その中でも一番激しかった占い師さんは、恋愛についてか何かをチラッと聞こうとした所

「ああ、アナタは意識しなくてもいくらでも異性は寄って来ますので、
 気が向けば適当に恋愛してあげればいいんではないでしょうか。
 飽きたら振って差し上げればよろしいです。
 そして、ヨウコさんに振られた男は雨に打たれて泣けばいい。」

これが私が見た最初で最後の「人間に対する虫けら扱い」です。
びっくりしたでしょう虫けらの皆さん。
私もびっくりしましたので虫けらの皆さんはさぞびっくりしたでしょうにホホホ。



続きを読む

2007-03-25 : 日記 : コメント : 5 : トラックバック : 0 :

名前がなくても私は私だと言える程のアイデンティティを持っていたい。

インターネットに溢れる日記の中で、自分のバイクだとか車、自転車にまで名前を付けている方をよく見かけます。
ネタとして常套手段なのか、本気なのか私は判断できかねますが少なくとも私はそんなことしようと思ったことはありません。相手は無機物です。

でも、いいのかもしれない。
もしかしたら、物に名前をつけることにより愛着が湧くから、大事にすることに繋がって、そういうのいいかもしれない。
実際そういうのはどこかで子供の教育にも取り入れられていた気がする。

とりあえず愛車に話しかけてみました。

私「いつも私を乗せて走ってくれてありがとう。今度、中の掃除をしてあげるからね。」
車『ありがとう。この前エンジンオイルを交換してくれたから、今は凄く調子もいいんだ。ヨウコ最近調子悪いみたいだけど、大丈夫かな。暖かくなったら一緒にヨウコの好きな海辺でも行こうね。』

暖かい気持ちになりました。
明日から頑張ろうと思いました。
でも名前は付けません。無機物だし。
あと呼び捨てすんなよ。



続きを読む

2007-03-24 : 日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

楽しくない。

授業が始まるまでまだ時間があって、カレチヨ自分ちに帰っちゃって、寂しくて、でも自分の時間はあんまりなくて、職場の人間はつまんなくて、あー楽しくない。
よし引っ越そう。仕事も辞めちゃおう。

みたいな感じで、私はいつもダイナミックに行動する女なので、夏までを目標にここから引っ越します。
カレチヨを追いかけるか、自分が生まれた場所に近い所に引っ越すか、今はまだ迷っている最中です。
友達と味噌が恋しいので、7:3で後者ですけれど。

そしてそのことで悩んでいたら友人がメールをくれました。
心配してくれたことがとても嬉しかったので、彼に自分が普段のセックスに前立腺マッサージを取り入れていることをダイナミックに告白したら大層驚かれて私はそれに大層驚いたのです。
え?皆、して、ないの・・・?

嗚呼、あまりに世の中は私にバリアフリーじゃなさすぎる、少しでも何かを異質と捉えると棘でチクリと刺してくる。
「変態」「病気」「変態」「マジ変態…」と罵ってくる。
若干嬉しいです。



続きを読む

2007-03-23 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

うちから一番近い街は大阪梅田です。

雑踏の中にいる時に感じる孤独は、部屋に一人でいる孤独を越える。
自分のことを知らない人間たちが自分には全く関係のない話をしていて、他人が自分に興味がないことが心底身に染みる。
そんな中では自分のアイデンティティを保つのがたびたび難しくなって当然である。
だがしかし、私が今日入った喫茶店の水に入っていた氷で唇を切り、流血し、恐らくこれを読んでいる人間全員の想像以上に流血し、それに全く気づくことなく雑踏に繰り出し歩いていたのは自分のアイデンティティを見い出そうとしていたわけではないのだ。
そう、アイデンティティを10代のうちに探しつくし、大層我の強い人間になってしまった私が今日流した血は、自我を見つけたいわけでも見せ付けたいわけでもなかったので、本当に驚いたし自分に自分で超引いた。



続きを読む

2007-03-22 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

※本日の日記には不快な表現が含まれます。

ご存知のように私はほぼ頭と心の病気ですが、病人が病人たる主な原因は心理的にめちゃめちゃ弱いからです。
昔は今より更に、というか全く感情を表に出さない子だったので今よりももっともっとしんどくて、わたしの内側は更にカオスだったわけですが、それを省みて最近意識的によく泣くようにしています。
(主に泣いているのは木曜日、何故かと言うと以前書いたように毎週感動のアンビリバボーを観ているからです。)

今日も力いっぱい泣きました。
一緒に住んでいたカレチヨが学校の関係で今日、自分の家(私の家からはかなり遠くて普段なかなか会えない)に帰っちゃったんです。
家に一人帰って、ポツリ、寂しくて、私はその寂しいという感情に逆らうことなく声を上げて泣きました。
あまり日記では伝わらないかもしれませんが、私カレチヨ大好きなんです。
本当に大好きだし、実は有り得ないくらいラブラブで、ケンカしたら二人とも泣いちゃうし、ご飯はしょっちゅうあーんさせるし、お互いに何の意味もなくよく相手にプレゼントをあげるし、家を出る時と帰った時は絶対にチューするし、寝る時は抱き合ってから手を繋いで寝るし、お風呂すらほとんど一緒に入っているんですよみんな今私のこと殴りたいやろ。したたかに打ちのめしたいやろ。そしたら泣くよ。ギャーギャー泣くよ私。



続きを読む

2007-03-21 : 日記 : コメント : 5 : トラックバック : 0 :

日曜休みってあんまりない

本日も病気です。こんにちは。心の方です。

今日は休みなので一日ゴロゴロしようね、ということで二人で一緒にゴロゴロしていた時、突然カレチヨが話し出したことを記します。

「ヨウコさん、なんか俺今朝、凄く適当な文を思い付いたの。
あのね誰かがヨウコさんの居場所を俺に尋ねて来て、俺はそれに対して
『ヨウコ?ヨウコなら鍵穴にねじ込んでおいたよ』
って答えるの。」

彼もまた病気です。



続きを読む

2007-03-19 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :

映画を見た翌日、発熱しました

観たい観たいと言っていた愛の流刑地。
ついに観て参りました。
他の映画を見る予定だったところ、たまたまやっていなくてどんなところでもほぼ上映を終了している愛の流刑地がやっていたので、観ることができました。
運命ですね、これは。

いやあ、もう、「凄い」の一言で、観終わった後はどっと疲れが出ました。
その日はずっとマンガ喫茶で「ピューと吹く!ジャガー」を読んでいたのですが、そういうテンションが全部飛びましたわよ。
素晴らしかったです。

観終わった後、感動の波に飲まれながらこの映画について、愛について、男と女について、寺島しのぶと私の乳があまりに似ていることについて深く考えさせられました。
見てくださいみなさん。あれが私の乳です。



続きを読む

2007-03-16 : 日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

休日を漫喫で過ごす(そこでブログの記事を書く)

同棲一か月。
洗濯物の中からコソコソと自分の下着だけ先に取り込む私やその私を見て見ぬフリをするカレチヨはどこかへ行き、今日、二人分の洗濯物を取り込んだ後、私のブラとパンツを収納に便利な形で畳めるようになったカレチヨがいました。

そして綺麗に畳まれた下着に驚愕し、
「セックスを超えた!セックスを超えた!私にはもう奪われる物などない!」
と頭を抱えて絶叫する病気の私。


続きを読む

2007-03-12 : 日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

3月3日もヤバかったみたいです。

定期的に欝状態に陥るのは昔からで、今はその欝パワーをこの日記にぶつけているわけですが、人様に読んでいただくものなので、めったにストレートなぶつけ方は致しません。
が、携帯から恐らく寝る前(一日で一番頭痛がする時間)にパソコンに送っていたであろうすごくストレートで気持ち悪い日記の下書きがあったので載せておきます。

(本文)

十年近く、沼に沈みかけながら生きていた。
ずぶずぶと沈み続けながら、私はそれが本当はそうではないと知っているのに底なしであると思い込もうとしている。
ある時、思いの他底が浅かったのか自分の脚が長かったのかわからないが、沼の底に足が着き、歩いて乾いた地に辿り着く。
乾いた地から沼を見つめ、沈みたいと思ってみる。
スタスタと短い草むらを歩く今になっても時々沼に沈んでみたいと思うことがある。
私は禁煙に成功したが、多分それと一緒だ。
思わず吸いたくなって手を伸ばして口に咥えて火を点ければ、もう、苦しくて、涙が出るようになっていて、煙草を吸っていた自分が信じられないと思う。

(追記以降)

みんなが必死になって笑いどころを探しますようにと願って笑いどころもなく重い日記を書きました。
雛祭りですね。




続きを読む

2007-03-09 : 日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

ぜんどう【蠕動】[意]体をくねらせながら動き進むこと。食物を送るための腸・胃の運動。

もはや恒例となりました、ストレスによる免疫力低下が引き金になって起こる腸炎にかかりました。
消化管は全力で内容物を身体の外に出そうと蠕動(ぜんどう)しますが、私は何が嫌いって嘔吐という行為が大嫌いなので全力で自らの内臓の蠕動(ぜんどう)運動に立ち向かいます。
具体的には胃の蠕動(ぜんどう)と反対方向に自分が蠕動(ぜんどう)します。
無理です。
人類なので無理です。
でも人類の気合いで吐きません。
まさにそれは心の蠕動(ぜんどう)なのです。

「蠕動」の二文字がこの日記を読んだみんなの頭から離れなくなりますように。
そしてそれがいつか漢検の試験に役立つ日が来ますように。
私いい人やろ。自分苦しいのに人の資格取得を応援するとか他におらんやろ。
ただ、今私のいい人っぷりに惚れて「抱いてください」と言われても抱けません。
ウイルス感染しちゃうからね。なんていい人。



続きを読む

2007-03-08 : 日記 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

好きなところ

私「浴室の脱衣所の床が濡れていると、大抵の場合脱衣カゴにあるあなたのパンツで拭いています。」

彼「なんてことだ。」

私「この家に存在する中で一番どうでもいい布を真剣に探した結果です。」

彼「嘆かわしい。じゃあ、君のそのショーツとブラジャーはいくらだと言うんだ。」

私「セットで4000円程です。ならばあなたのパンツはいくらだと言うんですか。」

彼「そうか、では仕方あるまいな。」


カレチヨのどこが好きかと聞かれたらこういうところです。


続きを読む

2007-03-05 : 日記 : コメント : 5 : トラックバック : 0 :

独自の世界で生きる

私だけの話ではないのでしょうが、自分の顔がよく認識できません。

今まで私はどちらかというと細目細面の純日本人顔だと思っていたのですが、同僚に「目がパッチリしてるよね」と言われ、
帰ってカレチヨに「ひょっとして私の目は大きいか、否か」と尋ねてみた所、
「大きい方ですよ。」
と返事をされました。若干ギョッとされながら返事をされました。
「ヨウコさんの顔のパーツで一番目立つのは、目やで」と言われ、
今まで生きてきた22年間で全く自分の顔を認識できていなかったんだと言うことに気づきました。

ただ、絶世の美女だとは思ってた。




続きを読む

2007-03-04 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

説明

20代の女が書いているブログです。

メール:kikuchiyouko(a)gmail.com
skypeID:kikuchiyouko_
(本当は、キクチじゃない。)

ログ・記事検索

02 ≪│2007/03│≫ 04
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter

yk000003 < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。